TOP > BLOG

BLOG

BLOG TOP > > 【重要】学生へ – 本を読むという事 –
2018/11/05

【重要】学生へ – 本を読むという事 –

秋なので、今日は本を読むという事について。

(当社のインターンに伝えている事)

 

突然ですが、この世界で生きる上で一番必要な能力って何だと思いますか?

 

私は、問題解決能力だと思います。

 

では、問題って何だと思いますか?

 

問題とは「こうなりたい」という状態と現在の状態の「ギャップ」を指します。

 

この「ギャップ」を無くす事ができたら自分の人生を自在にコントロールできますよね。

 

生きていると様々な問題が起こります。

 

今、このブログを読んでいるあなたにも何かしらの問題(悩み)があるでしょう。

 

 

でもそのあなたの悩みって、人類史上初の悩みだと思いますか?

 

 

思いませんよね、同じ悩みを持った人は過去数億人以上いたはずです。

 

現代人の悩みは、基本「お金、健康、仕事、人間関係」の中に集約されます。

 

そんなあなたと同じ悩みを持った人間が、その人の人生のすべてをかけて

悩み抜いた結果、到達した答えが本には書いてあります。

 

繰り返します。

あなたよりも、当然私よりも頭の良い人が人生のすべてをかけて、考えに考え抜いた答えが本には書いてあるんです。

 

本を読むと先人の知恵を得る事ができます。

 

あなたがいちいち経験を通じて学ぶよりも、

先人の知恵を得る方が、より早くより良い学びを得てより良い人生を送れると思いませんか?

 

「愚者は経験に学び、賢者は先人に学ぶ」という格言もあります。

 

だいたい1,500円程度の本であなたの問題を解決する事ができます。

(もちろん本を読むだけではダメで、実行する必要はあります)

 

上記より本を読まない理由はありません。

私は約20年程社会人をやっていますが、本を読んでいる(読み続けている)人の方が

読んでいない人よりも仕事ができる人が多いです。

 

最後に

 

教養は、読書からでしか身につかないようです。

教養のある大人になる為に、しっかり読書をしましょう。

The following two tabs change content below.
中林 義太郎

中林 義太郎

Learn from yesterday, live for today, hope for tomorrow. 昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。 by アルベルト・アインシュタイン